それダメ!肌トラブルを引き起こすケア

>

ただの日焼けではすまされないかも

皮膚がんにも関係する紫外線を対策

最近、よく日焼け止めクリームに表記されている「PA」と「SPF」。
何が違うのでしょう?

紫外線には紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)があります。
UVBはシミの原因となりますが、UVAは皮膚組織の奥深くに入り込み、コラーゲンなどを破壊するため、肌老化の原因になります。
実はこのUVA、ガラス越しでも人間の皮膚に入り込んでくるため、家の中でも見過ごせないもの。
UVAから守ってくれるのが「PA」で、+で表記されています。
現在は+から++++まで表記が可能となり、皮膚の黒色化と色素沈着までの時間の長さを表すもので+の数が多いほど、色素沈着を起こす時間を引き延ばすことが可能だということです。

もちろん、SPFも重要。
皮膚老化とシミや皮膚がんを防止するためには、日焼け止めクリームやファンデーションなど重ね使いしながら、上手にスキンケアをしたいものです。


UVケアは洗い落として保湿までが大切

メイクは落とすのが当然と思っているでしょうが、もちろんUVケアクリームも洗い落とすまでがスキンケアと言えます。
皮膚を守ってくれる大切なクリームですが、塗ったままでは皮膚に負担がかかってしまいます。
しかも、UVケアクリームもクレンジングと同様、ぬるま湯で優しく洗い落とすのが基本です。
気温が暑いからといって、水での洗い流しは十分にクリームが落ちない可能性がありますので、気をつけてください。

また、夏でも保湿ケアは重要です。
冷房などの乾燥もそうですが、気温上昇で汗やべとつきがあるからと保湿を怠ることは間違いです。
結局、先ほども述べた通り屋内でも紫外線にさらされ、皮膚の深いところを破壊されている可能性が高いので、皮膚再生を促す、再生の力を向上させるような保湿ケアは十分に行う必要があります。